世界遺産登録のために立看板の設置規制は変です

2012年6月22日 21時05分 | カテゴリー: 活動報告

法を超えた規制は信条の自由を侵害

 世界遺産登録を目指す鎌倉市に、夏にはイコモスの調査団が来ることになっています。まちののぼり旗や看板について、景観に配慮した出し方にするよう自粛の協力を呼びかける必要があるとし、まず、政治看板や政治ポスターを自宅・政治活動事務所・選挙事務所以外は撤去することとする決議が出される動きがあります。

 公職選挙法で、市議の看板12本の設置は認められています。また、神奈川ネットでは、世界遺産のバッファゾーンには配慮しているつもりです。議会が決めれば、看板の設置自体を問題視する風潮が生まれ、法律を超えた社会的制裁につながる懸念があり、そのような社会は恐怖を感じます。

 また、自宅が一軒家ではない人、事務所を設けない人、活動内容はそれぞれ異なり、公平性に欠きます。

 確かに、まちのあらゆるところに連鎖的に張られている国の政党ポスターは、目に余るものもあります。市議の看板も国政のポスターも、イコモスが来ることや世界遺産登録とは関係なく、鎌倉市のまちづくりとして各自が配慮すべきで、議会が法を超えて決めることではありません。各人が、日常的に気持ちいい住環境を作る努力をすべきだと考えます。