つどいの広場で子育て支援

2012年11月1日 00時16分 | カテゴリー: 活動報告

 玉縄青少年会館で行なわれている「つどいの広場」に立ち寄りました。ちょっとのつもりが、次から次にたくさんの親子連れがやってきて、おばあちゃん気分の私は9時半から12時半まで3時間もいてしまいました。

 はいはいしている子から、ちょっとお兄ちゃんお姉ちゃんまで来ます。午前中で帰る人、お昼からやってくる人、お弁当持参で長時間過ごす人、今日は水曜日なので幼稚園が午前中で終わるため、迎えに行ってお弁当を広場で食べて、終わりの2時まで遊ばせる人、本当に自由に使っています。ここで思いっきり遊ばせて、お昼御飯も済ませれば、あとは帰ってお昼寝というコースです。また、中には2か月の赤ちゃんを連れてお兄ちゃんを遊ばせに来た人もいました。赤ちゃんはベッドですやすや眠り、お兄ちゃんは元気に走り回っています。ママは、「ずっと家にいると、私がストレスになってしまうので」と話していました。

 親同士話ができることと、地域のベテランスタッフが話を聞いたり、子どもの面倒を見たりしてくれることも若い親たちにとっては、安心できるポイントでもあります。毎回多くの利用があるのはうなずけます。これまでにここを巣立った子どもたちは、700人を超えると伺いました。身近なところで気軽に集える場所は絶対に必要です。