高浜原発の再稼働停止を命じる判決

2016年3月11日 00時33分 | カテゴリー: 活動報告

大津地裁は、滋賀県内の住民による高浜原発の差し止めを求めた仮処分申請を認める決定を出しました。高浜原発の再稼働をめぐる司法判断は二転三転しています。今回は、原子力規制委員会が出した新規制基準の合理性に対し、安全性の立証責任は国や電力会社にあるとの考え方により、関西電力は十分な立証を尽くしておらず、不合理な点があると指摘しています。

福島原発の事故から5年経ちますが、未だ事故の原因究明は進まず、国も東京電力も被害者の救済に逃げ腰です。汚染水もブロックされていない状況です。また、原発は、特に日本海側にある高浜原発は、政府が言う「緊急事態」に最も対応が求められる施設ですが、その対策は、どの程度の精度を持っているのでしょうか。安全性の徹底検証と説明責任を求めていく必要があります。