政務活動費は成果物も市民公開を

2016年10月6日 19時36分 | カテゴリー: 活動報告

富山市議はじめ議員の政務活動費不正受給が問題になっています。政務活動費は、議員の調査研究に必要な経費として、議員報酬とは別に支払われ、所得税等の対象にはならないものです。報酬も政務活動費も各自治体の条例によって金額を定めています。

鎌倉市の場合、報酬は月額47万9000円に加え、年2回の期末手当が支給されます。議長・副議長・監査はそれぞれ加算があります。政務活動費は月5万円×12か月分の合計60万円を、議員の申請に応じて4月中に支払われます。神奈川県は月53万円、横浜市は55万円で、鎌倉市議の月額報酬より多い額が支給されています。翌年の4月に1年分の報告書に領収証を添付して市長と議長宛に提出し、残金は市に戻すという流れです。議会事務局がチェックし、適さない使用については指摘しますが、富山市のように領収証そのものの偽装という悪質なケースには対応しきれないと思います。

神奈川ネットは、政務活動費の市民公開を実施し、報告書と領収証だけではなく、調査研究の成果物も閲覧していただく機会を設けています。税金で何をして、何を吸収して、市政にどう生かしたのか、明確に示すことが必要です。