政策

未来につなぐ働き暮らし

☆守りつなぐ環境・暮らし
●神奈川の水源・水道インフラを守ります
●香害(香りの害)をはじめ化学物質過敏症対策を進めます
●脱原発に向けて地域電力を広げます
●省エネ・創エネの取組を後押しする認証制度を作ります
●市民参加による鎌倉の県有緑地の保全活動を応援します
●プラごみゼロをめざし使用抑制と排出抑制を進めます
●迷惑な民泊を防止します

☆住み慣れた地域で豊かな福祉
●高齢者の在宅生活を支えます
●認知症の人と家庭を支える施策を充実させます
●介護の仕事を適正に評価します
●多世代交流の拠点を広げます
●働きたい全ての人に対するユニバーサル就労支援を行います
●若者や障がい者の中間的就労の場を確保します
●障がい者雇用を推進します

☆子育て家庭丸ごと支援
●どんな時でも利用できる一時保育を広げます
●児童相談所と鎌倉市の連携により児童虐待防止に早期に対応します
●産前・出産・産後をトータルで支えます
●小規模保育と幼稚園の連携で待機児童対策を進めます
●保育人材の確保策を推進します

☆命を守る防災対策
●柏尾川・滑川の水害対策を進めます
●津波防災地域づくり法にもとづく対策を推進します
●県・市連携により土砂災害を防止します
●国道134号線の抜本的な改良を行います
●災害時の滞留者対策を進めます
●横須賀の原子力艦船の発災に備えた体制を作ります

☆政治改革・議会改革
●個人寄付を広げ、企業団体献金は廃止します
●議会の透明性・公開性を高めます
●政務活動費の使途を市民に公開します
●行政等の意思決定の場に女性の参画を増やします
●地方議員の新たな議員年金制度には反対していきます