2019年も子育て支援・孫支援

2019年1月3日 00時21分 | カテゴリー: 活動報告

息子が持ってきた鉢植え~自分で育てたそうです~

年末年始、息子たちが入れ代わり立ち代わり訪れました。保育園に子どもを3人預けて夫婦共働きの家族と、認定子ども園に第一子を預けてもうすぐ2歳になる下の子を家で育てている家族。それぞれの形で子育てをしています。

私は、子育て中は呉市⇒西宮市⇒呉市⇒横浜市で過ごし、夫が企業戦士でほとんど家にいない生活でしたが、幸いご近所に恵まれ、子どもを預け合って育ててきました。それでも、ちょっと子どもを預かってくれるところはないものかとすごく思いました。

子育て支援が必要な時期は一時で、乗り切れば忘れてしまいます。しかし、次の世代の親たちが同じ悩みを抱えながら子育てをしている現実があり、40年前に自分が抱えていた課題は、解決していないということに気づくことになりました。特に産前・出産・産後の支援は大切です。

働いていてもいなくても誰でも子どもを預けることができる一時保育の充実、家事支援等、昔から多くの親が望んでいることではないでしょうか。教育・保育の無償化は、3歳以上の子どもを幼稚園や保育園に入れている世帯にとっては確かに朗報です。しかし、生活している中で、困った時に助けてくれるサービスの充実はもっと必要だと私は考えています。